クロスの張替えから注文住宅まで〜パナソニックの住宅設備を販売・施工 <株式会社 新建・川崎市麻生区>

トップ  >  中古住宅をリフォームする際の注意点

中古住宅をリフォームする際の注意点

住宅を購入しようと思ったら、新築と中古の2つの選択肢が出てきます。

新築と中古、どちらにも違ったメリット・デメリットがありますので、どちらにするか慎重に選ばなければなりません。

費用を抑えたいのなら、必然的に中古住宅を選ぶことになるでしょう。

最近は、中古住宅をリフォームし、新築同様の住宅を手にする方も増えてきています。

中古住宅リフォームは、新築住宅を購入するよりも費用を抑えることができ、尚且つ新築並みのきれいな住宅に住めるという賢い選択です。

しかし、見落としてはいけない注意点がいくつかあります。

 

《これまでのリフォーム履歴を調べる》

住宅は、時間が経てば経つほど劣化していきます。

この劣化のスピードを遅くすることはできますが、劣化そのものを止めることはできません。

だからこそ、リフォームが必要になってきます。

住宅には適切なリフォーム時期というものがあり、その時期にリフォームを施さないと、すぐにボロボロになっていきます。

中古住宅をリフォームする際は、これまできちんとリフォームが施されてきたか調べるようにしましょう。

築年数の長い中古住宅を購入する時は、特に注意が必要です。

 

《購入前にリフォームの相談をする》

リフォームの相談は、中古住宅の購入前に行うようにしましょう。

なぜなら、住宅の状況によってリフォームできない可能性があるからです。

基礎の劣化がひどかったり、土台のほとんどが腐っていたりすると、リフォームすることができません。

例えリフォームできたとしても、大きな費用がかかってしまうでしょう。

また、法律の関係でリフォームできない場合もあります。

リフォームできないと知った時のショックは大きく、それを知るのが中古住宅を購入してしまった後なら、

さらにショックは何倍も大きくなることでしょう。

 

《限界があることを知る》

理想の住宅を手に入れることができるリフォームですが、ある程度の限界があることも知っておきましょう。

完璧を追い求め過ぎてしまうと、それができないと分かった時に不満を抱いてしまいます。

限界があることを知っておくだけでも、気持よくリフォームできるかと思います。

sinken reform 2014
前
リフォームをすることによって考えられるメリット
カテゴリートップ
TOP
次
外壁塗装の必要性について

メニュー

Copyright 2010-2016 Sinken co.LTD. All Rights Reserved.