クロスの張替えから注文住宅まで〜パナソニックの住宅設備を販売・施工 <株式会社 新建・川崎市麻生区>

トップ  >  高齢者向けバリアフリーリフォームのポイント

高齢者向けバリアフリーリフォームのポイント

川崎市のリフォーム

若い頃に建てたマイホームでも、年齢を重ねていくにつれ不便を感じることも多くなります。子供が独立し、夫婦二人だけの新しい暮らしが始まるという方は、新しい生活のスタートとして、快適に暮らすための住まいについて考えてみませんか。

 

《高齢者の身体の変化で増える家での事故》

転びやすくなる、平衡感覚が鈍る、歩幅が狭く歩行が遅くなる、座れない、立てない、しゃがめない、視野が狭くなる、視点が低くなるなど、様々な変化があらわれます。そのため転倒や怪我、やけどなどの事故を起こしやすくなります。特に高齢者の転倒は、寝たきりになるきっかけにもなるので、日常の中で事故を予防することがとても重要になります。

 

《事故を予防するために》

床はマットや三角板で段差をなくし、廊下や階段の壁に手すりを設置する、ドアは開けやすくて持ちやすい引き戸がおすすめです。またトイレはL字手すりを設置し、便座に腰掛けることができる洋式便器が使いやすいです。浴室では滑り止めマットを使用するなどの工夫をし、転倒を防ぎましょう。またリフォームをされるなら、滑りにくい床材や出入りが楽な低めの浴槽がおすすめです。

 

《バリアフリーリフォームに関する減税措置》

条件を満たせば、バリアフリーリフォームが減税になることがあります。

【対象者の条件】50歳以上である、要介護認定を受けている、要支援認定を受けている、障害者に該当する。また
上記の条件に該当する者、または65歳以上の親族と同居している。

【対象工事内容】老化の拡幅、階段の勾配の緩和、浴室の改良、トイレの改良、手すりの設置、屋内の段差解消、引き戸への取替え、床表面の滑り止め。

他にも工事費用総額が30万円を超えること、増改築等工事証明書により証明されていることが条件になります。

 

当社は神奈川・東京を中心に人気のシステムキッチンや洗面化粧台、バスルームなどの激安販売の他にも、評判のバリアフリー設計リフォームも行っています。相談・見積もり無料ですので、お気軽にお問い合わせください。川崎市にお住いの方は将来の安心のために、またご両親の安全のためにぜひご相談下さい。

 
sinken reform 2014
前
リフォームを考える時期とは
カテゴリートップ
TOP
次
お風呂場の危険性・改善ポイント

メニュー

Copyright 2010-2016 Sinken co.LTD. All Rights Reserved.