バリアフリー

手摺


将来的に階段や玄関などの昇り降りなど、非常に危険になってきます。ちょっとした事ですが今のうちに設置しておくことをお奨めします。

内装ドア


デットスペースを減らしたり、将来的に考える車椅子での移動でも開け閉めに苦労することはありません。

階段


階段の手摺設置や踏み面の調整、蹴り上げ寸法の調整など以前では気にならなかった点が、気になるようでしたらぜひご相談ください。

玄関


玄関の段差があり、昔はよかったが今は大変だと思われる方が多いと思います。  ちょっとした台を設置したら、手摺を設置したりと、簡単な事からご相談ください。